やらずに批判するくらいなら、やって笑われる人間に僕はなる

みなさんこんにちは。ライト(@eternal__peace)です。

今朝、清掃活動のかわりになる何かがないかな〜と調べていたら
衝撃的な記事を見つけたのでそのことについて言及してみます。

良いことをしてるはずなのに叩かれるのは何故

今日のテーマとなった記事はこちら

ハロウィンでゴミ散乱した渋谷の街を掃除するボランティアに意外な批判の声「偽善だ」「主張するな」 | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

びっくりしましたねー…

ボランティアで清掃を活動しているのに、コメントは批判の連続。

ゴミ拾いを自慢する人の意味が分からない。なぜゴミ拾いをしたメンバーで記念写真を撮る必要があるのか。まあそれは集まった記念なのかもしれんが、それをなぜツイッターFacebookに上げて主張するのか。黙ってやってろよ。

渋谷でゴミ拾いするために上京してきた大学生めっちゃ偉いと思うけど、「私たちの姿を見て何か感じてくれたらなと思います」とか言ってしまうところが恩着せがましいというか厚かましいというか。

マジか…って思いました。

安易に発信することは間違っているのか

おそらく日本中の誰に聞いても、ゴミ拾いをすることが悪いことだと答える人はいません。

問題はTwitterに投稿したことと、文章の最後のところだと思います。

我々の姿を見て少しでも何か感じてくれたらいいなと思います。

確かに文章だけ見るとムカつく気持ちもわかりますw

特に「我々」ってあたりがね。

意識高い系というか、「我々」という言葉が、上からものを言っているような感じがします。

文章には多少気に入らないところはありますが、投稿はとても素晴らしいなと思いました。

発信するということはとても大きな力を持ちます。

発信するということは少なからず影響を及ぼす

僕も微力ながらブログやFacebookをやっているので
発信力の強さについてはよくわかっています。

人は物の価値の基準を自分が学んだ経験からでしかはかることができません。

なので 知る ということはとても大事になってきます。

このボランティアのツイートをみて
渋谷の街は驚くほどゴミにあふれていることを知る。

ボランティアで清掃している学生たちがいる。

このツイートを見ることで
ゴミを捨てる人が減ることは間違いないです。

そしてツイートに影響されて
清掃活動を始める人も出てくるかもしれません。

仮に投稿の内容がしょうもないことだったとしても
自分が良いと思ったことなら発信していくことが大事です。

批判する人ほど動いてない

僕は毎朝清掃活動をしているので、ゴミ拾いをする人たちの気持ちはわかります。

確かに喜びを感じて楽しく掃除しているのですが、

  • 出かけて5分でゴミ袋がいっぱいになる
  • 自販機の裏に大量のペットボトルが捨ててある

など嫌なこともかなりあります。

今回のボランティアの学生たちは友達同士でやっているので、かなり楽しくやれているとは思いますが、「彼らがしたいんだから勝手にさせておけばいい」というのは失言だと思います。

ゴミ拾いの隠れた苦労を知らずに叩いているからです。

まずは知ること。そして動くこと!

ゴミを捨てるより拾うことが良いことは誰もがわかっていますが、
実際にボランティアという行動に踏み出す人はかなり少ないです。

こちら側から見える面だけでなく、実際に行動している人たちの側から気持ちを考えてみることも大事です。

自分も取り組んでみて、その気持ちを理解して、
そこから意見を言ってもいいかなと思います。

まずは実態を知ること。

次に行動すること!!

(まとめ) だってプロではないから。何でもやってみようよ

プロはお金をもらってそれで生活しているので
批判や中傷を受けても仕方ないかなとも思ってしまいますが、ボランティアはどうでしょう?

完全無償で奉仕してますよね。

僕は最近この 無償の奉仕というものにすごく重きを置いていて
自分が心から良いと思ったこと、多くの人のためになるであろうことを率先して無償でやるようにしています。

奉仕である以上、何にチャレンジしても失うものは何もない。

プロではないんだからこそ、それを活かして何にでも取り組む!

やらずに批判するくらいなら、やって笑われる人間に僕はなる。

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。