どうして人は叶わない恋ばかりしてしまうのか。

f:id:eternal_peace:20161028003133j:plain

みなさんこんにちは。ライト(@eternal__peace)です。

先日、恋人がいる人の方が仕事もよくできる。という記事を書きました。

eternal-peace.hatenablog.jp

恋人がいたらすごく幸せだと思いますが、僕は今好きな人すらいません(笑)

僕の友達にも恋をしてる人はたくさんいます。

しかし、ほとんどの友達が現実には厳しい恋ばかりをしています。

叶いにくい恋とわかっていながら
何故そんな恋ばかりするんだろう??

今日は自分の感じたことについて書いていきます。

叶いにくい恋って?

まず僕の友達がどんな恋愛をしているかの紹介をします。

叶いにくい恋のパターンがわかると思います。

遠距離恋愛をしている

意外ですが、これが一番多かったです。

  • サークルやボランティアで外に出て、県外の人との付き合いがある人
  • 大学の好きな子が隣の県の人だった
  • ネットで仲良い友達に恋した

この3つのパターンがありました。

僕は昔、埼玉に住んでいるアイドル好きの友達に恋して悲惨な目に合いましたw

遠距離恋愛は僕の最もしたくない恋愛の一つです。

年の差恋愛をしている

価値観が違ったり、昔の話題になると世代が違うことで困ったりします。

話が合うことは性格が合うのと同じくらい大切ですよね。

これもまた僕の実体験です(笑)

振られても諦められない恋愛

追い続ける片想いは素敵だと思いますが、現実は厳しいです。。

新しい恋をするのが一番の解決策だと思うので
自分の世界をもっと広げてみましょう。

スペック差が開きすぎてる恋愛

  • 会社の社長と高校生。
  • 超有名アイドルと普通のサラリーマン。

少し例が極論すぎましたが
社会的地位が近い人じゃないとそもそも関わりがないですよね。

関わりにくい分、叶いにくい恋となってしまいます。

なぜ厳しい恋愛をしてしまうのか?

  • 叶いにくいと知っていながら
  • 多分無理だろうとわかっていながら

なぜ人は厳しい恋をしてしまうのでしょう?

何かのきっかけで好きになってしまったからですよね。

本気になる前は、なんだかんだと理由をつけて退くことはできますが
本気になってしまったらもう後には引けない。

  • ダメだとわかっても諦められずに辛くなる。
  • 諦められないけど、「まだ希望があるかも」と考えるので辛くなる。

恋は辛い!!

僕も同じだったかもしれない

僕は過去に痛い目を見てビビっているので
叶いにくい恋は自分から遠ざけています(笑)

しかし、この記事を書いている途中に思ったのが
僕もつい最近同じような恋をしてたかもということです。

少し前に「この人すごい知りたい!!」ってなる人がいたんです。

わかる人にはすぐわかってしまうので、あえて言いません(笑)

自制せずにもう少し踏み込んでたら、多分好きになってましたね。

好きだからこそ妥協を許せない

妥協が許せない

キツイ言葉で書くとこうなってしまいますが
良く言うと一途ってことですよね。

僕は一途に相手のことを想うことは全然悪くないことだと思っています。

だって理想の人と結ばれるのが一番いいに決まってるんだもん。

もし本気になれる人と出会えたら、、、

その時は恋愛に対して強くなる必要があります。

恋愛に強くなるには

相手が理想の人であり、厳しい恋であるほど、恋愛に対して強くなる必要があります。

その一番いい方法は自分を磨くことです。

  • 好きな人に振り向いてほしいのではなく、自分が振り向かせる!
  • 好きな人に依存するのではなく、自分がリードする!

自分を持ち、何かに打ち込んでる姿は男女問わず惹かれるものです。

「恋は盲目」という言葉もあるほどで
好きな人を前にすると自分を見失いがちになってしまいます。

常に相手のことを考えて行動することが、自分を見失わないポイントです。

(まとめ) 大事なのは何を重要視するか

異性の数ならまわりを見ても数え切れないほどいるのに、なぜみんな難しい恋愛ばかりをするのだろう?

そう疑問に思っていた僕ですが
結論を言うと好きになったらそんなこと関係ない!
ということです。

大事なのは自分が何を重要視するか。

年齢差だったり、住んでる場所だったり、話が合うことだったり。

もし、「自分には無理だろ」という人に恋してしまったとしても、それは泣く泣く諦める必要はありません。

僕は今好きな人がいないので
「好きな人がいるってすごく幸せだな〜」と思います。

自分が本気になれる相手と出会えたなら
満足のいくまでアプローチしてみるべきです。

そこで振られてしまったとしても
きっと自分にとっていい経験になると思いますよ(^^)

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。