遊戯王デュエルリンクスのチュートリアル解説とおすすめリセマラ法

みなさんこんにちは。ライト(@eternal__peace)です。

今日からついに配信されましたねー!

遊戯王 デュエルリンクス

遊戯王 デュエルリンクス

  • KONAMI
  • ゲーム
  • 無料

itunes.apple.com

play.google.com

対戦メインかと思いきや、ストーリーもなかなか充実している!

リセマラ可能ということで、チュートリアルまでレビューしていきたいと思います(^^)

デュエルリンクスの特徴

ブログ最初に

今日からついに配信されましたねー!

と書いておきながら、リリースされると知ったのはつい昨日のことでした(笑)

今作の注目どころを簡単に書いていきます。

縦画面ゲーム

これは個人的にかなり驚いてるんですが、カードゲームなのになんと縦画面でのプレイ!

いやいや、ドラクエとかならわかるけどさ✋

カードゲームで縦画面とはすごく意表を突かれました。

斬新な気持ちで楽しめそうです。

基本プレイ無料型

出た基本無料(笑)

リアルのデュエルみたいに課金してアプリ内のパックを買うこともできます。

ちなみに初回課金限定でSR以上確定のパックを1つ買うこともできます。
(レアリティはUR>SR>R>N)

デュエルが立体的

デュエルが立体的に描かれているため、縦画面の恩恵をフルに受けられています。

視覚的にもとても楽しめそうです。

馴染みのあるキャラクターたち

アニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」でお馴染みのキャラクターたちがたくさん出てきます。

獲得条件を満たすことで彼らのデッキを使うことができます。

リセマラの効率化とおすすめモンスター

  1. アプリをインストール
  2. キャラクターを選択し、デュエルを進める
  3. 魔法・罠カードのチュートリアルはスキップする
  4. チュートリアルガチャで1パック開封
  5. ミッションメニューからジェムを獲得
  6. さらにパックを引く
  7. (いいカードが出なかったら)アンインストールしてインストールからやり直す。

このやり方で合計16パック引けます!

おすすめリセマラランキングは以下のサイトを参考にしてください。

duellinks.gamewith.jp

appmedia.jp

チュートリアルの進め方

まずアプリを立ち上げるとダウンロードが始まります。

次にGame Centerでログインするよう出てきますので、Apple IDでログインします。

その後、海馬か遊戯のどちらかを選ぶ画面が出てきます。

僕のおすすめは最強カード青眼の白龍が入ってる海馬のデッキです。

といっても両デッキに大差はないので
海馬と遊戯のどちらが好きか、ブルーアイズとブラックマジシャンのどちらかで比べて好きな方を取るのがいいです(^^)

キャラクターを選び終わると
さっそくチュートリアルのデュエルが始まります。

バトルは立体的で迫力満点なのと、漫画の一コマから取ったかのようにキャラクターが話すところがほんとにテンション上がる!!

バトルが終わったらプレイヤーネームを決めます。

ここは後から変更できるので適当に決めちゃっても大丈夫です(^^)

どんどん進めていき、任意で魔法・罠カードのチュートリアルを受けるとパックが買えるようになります!

ここで3枚カードを引いてチュートリアル終了です。

※ リリース直後でサーバーが混んでるため、エラーでなかなかパックが引けない可能性があります。

僕はパック引くのに10分かかりました ← 辛抱強く(+_+)

気になるパックの中身は…

割といいんじゃないでしょうか。

なぜこのカードがURなのかはいまいちわからないけれど…w

「シャドバでいうメイドリーダーみたいなカードじゃねえか(心の叫び)」

操作の注意点

チュートリアルの最後にショップに行ってパックを買うところですが、僕だけかな?操作に少し行き詰まりました。

これはほんと表示が悪い!

まるで画面の上をスライドするかのように指示されていますが、一番下のタブをスライドしてください。

そうするとちゃんとショップに行けます(笑)

チャットルームがまじで便利

ゲーム右上のコメントボタンを押すとチャットルームに入れます。

いわゆる掲示板ですね。

ユーザー同士で情報の交換ができるのと、チャットルームの番号が指定できるので、プライベートルームのような使い方もできます。

MMOによくあるチャットシステムですが、あらためて便利だな〜と感じました。

チャット使ってオンライン大会とかも気軽に開けるじゃん

(まとめ) デュエルスタンバイ!

リセマラで最強モンスターをゲットして楽しくデュエルしましょー(^o^)/

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。